« こんなでした、奏打創縁 | トップページ | 翌日の栄村, 津南町 »

2012年3月11日 (日)

2012.03.11.

今日も変わらずに、スタジオで自分の音楽を創れることに感謝し、そして昨年の今日、津波によって失われた多くの生命のご冥福をあらためて祈りたいと思います。あの日以来、みんな様々な事柄に嘆き、気づき、怒り、悲しみ、変化したことでしょう。それでも、この地球上に生かされている以上、なにかできることはあるはずです。犠牲となった沢山の生命を無駄にしないために、傲慢にならず粛々と、前を向いて進んでいきましょう。思いあがるな、自分。足るを知れ、人間。 黙祷。

|

« こんなでした、奏打創縁 | トップページ | 翌日の栄村, 津南町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173227/54195389

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.03.11.:

« こんなでした、奏打創縁 | トップページ | 翌日の栄村, 津南町 »